2007年07月06日

お参りで落ちる。【なぜ、東大に入れようとしないのか。】

「なぜ、東大に入れようとしないのか。」
http://www.mag2.com/m/0000233001.html



こんにちは。


受験生の心理は不安定です。

では、何をしている時が一番安定しているのでしょうか。


答えはもちろん、



━━━━━━━━━
勉強している時
─────────



ですね。


それを理解していない親は非常に多いと思います。


受験前に

「お参り(合格祈願)にでも行くか」

と親に言われたことがあります。

近くの神社か何かかと思っていたら、なんと

『佐野厄除大師』

まで行くそうです。


ハァ!?

片道2時間ですよ?
往復4時間。


信じられん。


「ヤダ」と言ったのですが、親は「いや、行く」と言って聞きませ
ん。いい加減しつこいので行くことにしました。
(佐野厄除大師様、すいません)

案の定、行く道中、お参りの最中、帰る道中、ずっとイライラでし
た。お祈りに行くよりも勉強していた方が、心も安定するし、勉強
できるので、合格する確率はずっと高くなることを私は知っていま
した。


この時は高校受験の時。
第一志望不合格でした。

続いて大学受験の時。
まったく同じことをやりました。
不合格でした。

続いて浪人時。
お参り行きませんでした。
東大受かりました。


もともと私は神的なものは全く信じないので、お参りとかはむしろ
逆効果なのでしょうね。


時間の無駄?


頼むから勉強させてくれ。


という心境でした。



「いや、親だって息子のことを考えて連れて行ってくれたんだろう」

という声が聞こえてきそうですが、


■子供の気持ちを考えましたか?
■子供が何を望んでいるか考えましたか?
■自己満足に終わってませんか?

続きはこちら。
http://www.mag2.com/m/0000233001.html


posted by todai at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 東大 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。